結婚写真 なぜこんなに価格が違うの?もう迷わない5つのこと

結婚写真や結婚式ばかりじゃなくすべての事に共通する価格の考え方

065s

結婚式場最初の見積もりで、前撮り料金や当日のスナップ写真の料金は、ほとんどの人は、考えないこと多いのでは・・・
近くなっていざ、検討すると価格が適正なのかどうなのかとっても気になります・・
施設によっては・・提携以外の写真館やカメラマンには、持込料金を定めているところが多いため・・選択肢がないということも関係しているかもしれません。・・

ネットで実際に結婚写真を検索してみると・・もう百花繚乱です・・期間限定ドレス付1カット9000円~とか ドレス・着物4点セットで30万円とか・・同じフォトでなぜこんなに価格が違うのか・・と驚かれるのではないのでしょうか・・

ここでは5つのポイントで価格の説明をします。
結婚式や結婚写真は、普段なじみがない事と独特の業界用語が更にわかり難いのかもしれません。

同じように、大きな買い物である車に例えて価格の事を以下の項目にそって解説します

① 価格の構成を車に例えてみる
② 大きな違いは、コンセプト付加価値の違い
③フリーカメラマンに直接依頼は得か?ちょっと考えると分かる。個人売買と正規ディラーの違い
④ 広告宣伝費や販売方法で大きく見え方が異なる
⑤大切なことは自分の目と耳そして触れる自分で確かめる

 

1.価格の構成 車に例えてみる

結婚写真の料金そもそも高くないかしら?
今はスマホも普及しているしデジタルカメラやデジタルビデオも充実しているのだから・・

写真が紙でできた商品で身近で、今は誰でも写真が撮れると考えるから・・なんだかとっても惑わされますよね・・

HDRtist HDR - http://www.ohanaware.com/hdrtist/
HDRtist HDR – http://www.ohanaware.com/hdrtist/

車に例えましょう・・車は、おいそれとは誰もが、造れません。

でももともと車の材料は石とか鉄鉱石・・そして石油です・・1台分の材料費は多分数十万円~ではないでしょうか・・

たとえば1台200万円という車の価格の車があったとします。

材料原価以外はその他の付加価値です。

付加価値の中には研究開発費、デザイン費、車を組み立てるための工場の費用、運送費、それを販売するための広告宣伝費、セールスのための費用、営業費、総務経理費、そしてすべてにかかる人件費などもちろん利益も・・

全体で一つのブランド、一つの車の価格になります。

写真も同じですね・・

原価に当たるカメラ機材(プロ用のものはそれこそ車1台分)、スタジオの機材、施設の中であればスタジオの家賃、アルバムや写真の材料費(プロ専門の外注業者)・・そしてカメラマン(この技術費)や運営する人の人件費、そしてその写真を伝える広告費、総務経理費、営業費全体そして利益での価格です。

写真1枚の価格じゃないですね・・

費用の高低に驚くのも、結婚写真が日常縁遠いものなので、商品をよく理解していないことも関係します。

2. 価格の違いは、コンセプト付加価値の違い

軽自動車とベンツを購入時に比べる人はいませんよね・・
当然同じような車種・・排気量・・使用目的によるスタイル・・など絞って検討するはずです

写真も同じですね・・スナップフォトであれば同じスナップで・・スタジオの型撮りであれば同種のものと比較です。
あと業界独特の専門用語を理解すれば中身でも比較検討できます。
結婚式の前撮り撮影は同じ前撮り撮影での比較
ロケーションフォトは同じようにロケーションフォトでの比較です

次のステップは、商品のコンセプト・・付加価値比較になります

車も排気量や使用目的が一緒でも、たとえば
同じ排気量のトヨタカローラとベンツBクラス、プライスは、ほぼ倍以上違います

同じ排気量でも・・コンセプト(設計思想)・・
不可価値(ブランド力)・・企業の理念などで・・・
大きく価格も違ってきます。

結婚写真もコンセプト(企業の考え方)やその商品の独自性(その企業がお客様に提供したいこと)付加価値の違いがそれぞれのセールポイントになります。

赤レンガ庁舎お姫様

いくつか写真業界でコンセプトの違いの例をあげます
1:カメラマンのクオリティ、写真の質に力を入れる企業
カメラマンを全員専属で腕のいいフリーカメラマン揃える
技術と写真のクオリティを売りにする企業

2:スタジオ施設に力を入れる企業
いくつかのスタジオの中にセットのように家具を置いている
ハードが売りで施設に投資、差別化をする企業

3:衣装店直営もしくは提携、ドレスや和装の品質が売りの企業衣裳点数品ぞろえ数が結婚式当日と同じ衣裳、ヘアーメイクやメークの質も結婚式当日と同じクオリティが売りの企業

紅葉の北海道

4:合理化や広告宣伝に力をいれて低価格が売りの企業
カメラマンは社員、アルバムなどすべて内製化、もしくはフリーカメラマンも、若手を採用、オペレーションも補正作業なしデータ当日渡しするなど合理化、人件費や経費を抑えて広告費に力を入れ薄利多売で、企業努力で低価格が売りの企業

5:上記いくつかの要素の複合を企業規模と努力で達成しそれを売りにする企業

コンセプトとは「その商品の特徴とウリ」です。

車だったらカタログを請求したり、試乗したりします。
そのデザイン、信頼性・・いわゆるその製品コンセプトを確認します・・
これは車も写真も同じです。
実際の作品を見てみるとか、衣装だったら試着がそれにあたります。


『付加価値の中身が自分達希望にあっているのか』の検討が大切になります。

3.フリーカメラマンに直接依頼は得か

ちょっと考えるとわかる、個人売買と正規ディラーの違いこれは直観でご理解いただけると思いますが・・個人売買は本当に大変だとおもいます・・外車の並行輸入を個人ですると考えてみてください。一見、価格が低く抑えられそうですが・・

見えない費用や諸経費・・法的手続き・・認可手続き・・リスク・・正規ディラーの安心感はみなさまよくご存知の事と思います・・・高いように感じられて・・それらは安心・・安全・・品質保障になるわけです・・

結婚写真で考えるときに
おふたりにブライダルのカメラマン、メイクアアップアーティスト、ヘアメイクアーテスト、スタイリスト、着付けの先生など身近に知り合いが多く。
撮影場所の許可申請や、公的な機関への許可申請などもご自分たちで行い。
衣装屋さんとレンタルの交渉、セルドレスはおふたりでしわ取りのアイロンやサイズ合わせのメンテナンス、パニエや髪飾りヘアード小物もそれこそベールやグローブまで・・考えなければ行けないことはチェクリストを作らなければいけないくらいそろえなくてはなりません・・

車のレンタルや着替え場所の確保などすべてご自分たちでする、時間に余裕と情熱が傾けられるおふたり
の場合はフリーカメラマンもよい選択だとおもいます。

但し、何かあったときのリスクマネージメントを除いての
条件付きですが・・

比較するのは無理があります。フリーのカメラマンとプロの専門の業者ではそれこそそれぞれの専門のスタッフがセクションに分かれて総合力を発揮するもともとの条件が違います。

単独のフリーカメラマンに依頼するのと・・結婚写真専門の企業、もしくは結婚式をする施設の中にあるスタジオ・・

今まで説明してきた経費も安心感も全く違います。
価格に当然反映してきます。

安心を担保するためには経費が必ず必要です。

営業費、人件費、アフターのサービス、責任、がすべて含まれたのが価格になります。

フリーのカメラマンにロケフォトを頼んだ場合カメラマンの撮影費は抑えられるかもしれませんが、見えない費用、経費、・・
熟考が必要かとおもいます・・

ここは、かしこく時間と経費と・・情熱を図るべきとこです・・

2015.06.070083

トータルで考えた時に・・衣装・・メイク・・・アルバム・・移動費・・などすべて自分達で手配、調整、する一番貴重なお時間がかかることを念頭に入れなければなりません。

安く上げたつもりが結局、手間と時間、高い買い物になる可能性もあります。

スケージュール手配は非常に手間のかかる調整が必要になります慣れない仕事で途中でパートナーと喧嘩になれば踏んだりけったりです・・

なにより・・1番大切なのは・・リスクマネージメント、安心感が違うのではないのでしょうか・・

まず、自分たちの求めるサービスが何かを明確にしての検討が大切になります・・・そう最終の目的です。

できるだけ価格をおさえて・・セルのウェディングドレスが着られ撮影さえできればよいのか・・

結婚式の前撮りで・・当日の結婚式のウエルカムボード作成のデータが目的・・でいろいろポーズなどにもこだわりたいのか・・

結婚式会場で洋装プランを選択したので、前撮りで気に入ったカラードレスや着物や和装で、しっかり残したい・・もしくは当日のドレスと違う衣裳で残したのか・・

前撮りのロケーションフォトでナチュラルなポーズ・・・
その日1日を大切な想い出にしたい・・・結婚式を上げない代わり
なのか

費用をなるたけ抑えることが目的? 本質を考える・・

ポイントは『お二人の目的を明解にする』ことが大切です。

 

4. 広告宣伝費や販売方法で大きく見え方が異なる

結婚写真の販売方法でたとえば、スタジオスナップ写真を

あるA社とB社で解説します。

ドレス込50カット、アルバム&データ付き29,800円というA社 洋装和装30万円までどちらか1点15ポーズデータ&アルバム付き8万円のB社。

料金違いすぎない・・との疑問が湧くとおもいますが。
きちんと自分の目と耳での確認が必要になります。
実際には、たとえば、前者の29,800円の場合は指定された衣装での話、その中でお気に入りがなく、自分達が着たい衣装を選んだ場合ランクが違い ドレスとタキシード各30,000円と10,000円アップ。

土曜日曜は前者15,000円アップ、後者は10,000円アップ 結局、最終的には、衣装が売りのB社との価格はほとんど変わらなかった・・・などということに・・

 

車でいうと、純正のオプションをあとからつける営業方法か・・
ある程度必要なオプションが最初から入ってリーズナブルな価格設定をしているのか・・
なかなか、広告やwebページではわかりにくいですよね
特に各写真店の表記方法がバラバラなこと、販売方法の違いで価格が百花繚乱の状態がわかりにくい理由です。

5、大切なことは、自分の目と耳、触れる自分で確かめる

スマホでカワイイサイトを見つけてお値段も内容も
他社とスマホで比較してここがよい!ちょっとおまちください
資料請求だけでなく直接お店で自分の目と耳そして、衣裳に触ってください

確認することは、

①自分達が目的とする商品の最終的な見積もり・
②衣装のタイプと料金・・衣装に触れて、試着や小物合わせができるのか、衣裳合わせができるのか確認
③見逃しがちな追加メイク・・ヘアメイク、小物などの金額
④写真のタイプ・・カット数・・ポーズ数・・実際のカメラマンが撮影した写真を見せてもらう
スマホのホームページやカタログはモデルを使っての撮影が大半、実際の新郎新婦の写真を見せてもらって、自分たちの撮影のイメージをする
⑤実物のアルバム、や仕上がりを見せてもらう
⑥追加オプションが当日に発生しないか確認する
⑦データの納品日を確認する 当日にデータをもらえるのは、写真の質にこだわるお二人は、ちょと待ったです。

それは1枚、2枚できちんと※色調補正をして納品されるのであればよいのですが・・数十カット、数百カットとなるとこれは1日、2日ではできる作業ではないので、基本的には撮影方式がJEPGでの撮影のファイル形式になります。

結婚写真として長く残す大切な写真は、作品としてやはりきちんと残した方が良いと思います。以下がその理由です


※色調補正の解説

RAW撮影 + 色調補正 = 写真作品

写真撮影のデータ形式に2通りのファイル形式が選べますJEPGとRAWデータです。
RAWデータは、撮影したそのままの大きなデータ状態である ため、RAW(生)のデータといいます。
調整次第で写真の雰囲気を柔軟に変化させることができます。RAWデータの調整のことを色調補正といって、昔の銀塩写真になぞらえてROW現像といいます。
そのカメラマンの調整により独自な写真にROW現像され作品に初めてなります。最終的にはJPEGにして納品になります。
それはROWデータ形式では通常のOSでは再現できないのでJPEGに変換しての納品になります。

JEPG形式を選んだ撮影はカメラ内部の処理装置が、色味・明るさ・コントラストなどの調整を行い生成された圧縮されたデータです。
一番身近なのは iphon などはこのファイル設定が最初からJPEGです。

最近は写真の処理機能がすばらしく、デジタルカメラや1眼レフとほとんど差がなくなってきています。

ただ、パソコンやスマートフォンで閲覧したり、お店でプリントすることができる手軽さはありますが圧縮されたデータなので色調補正などの処理を加えていくと画質が劣化し、撮影時の状態に戻せないデメリットがあります。

カメラマンの作品は何といっても、人の手の入る作品、
ROW現像された写真のこといいます。

これはカメラマンがその生データの写真を作品にする作業です

以上が即日データ渡しの場合、内容を確認したほうがよい理由になりますが、目的の違いで、挙式披露宴が直近まで迫っているお二人など、急いでデータのほしい方にはピッタリの撮影方法ともいえます。

実際に衣装試着やアルバムは手にとって比べる、そう触れることが大切だということになります。

以上大切な注意事項でした、繰り返しになりますが

おふたりの気にいったセンスの結婚写真を残したいのであれば
自分たちの目と耳とそして触ること・・
気に入った衣装、腕の良いカメラマン、センスの良いアルバム。

衣装はどんどん新着をいれないと古くなります。

腕の良いカメラマンは実力があるとどんどんフリーカメラマンになります。

センスのよいアルバムはデザイナーや製本が大事です。

すべて経費がかかります。
「適正な価格」があるこのことを理解すれば
もう「安かろう、悪かろう」を選ぶ心配はなくなります。

まとめ
① 結婚写真商品、価格の構成 車に例えるとわかりやすい
② コンセプト、付加価値が『自分達の希望にあっているのか
③ 結婚写真を撮る目的を明解にする。
④ 広告宣伝費や販売方法で大きく見え方が異なる
⑤大切なことは自分の目と耳そして触れる自分で確かめる

カテゴリカテゴリ:
大人の結婚写真が運営するブログです 大人の結婚写真が運営するブログです
Categry